フット・イン・ザ・ドア・テクニックを駆使した最強の連れ出し交渉

フット・イン・ザ・ドア・テクニックとは、いきなり大きな要求をするケースより、最初に小さな要求をして、それを受け入れてもらった上で次のより大きな要求をした方が受け入れてもらいやすくなるという心理学を駆使したテクニックです。

「フット・イン・ザ・ドア・テクニックを駆使した最強の連れ出し交渉」の続きを読む…

二者択一法を駆使した最強の連れ出し交渉

これは、こちらで選択肢を2つに限定することで、女の子が連れ出しをOKするということを前提にして話をするテクニックです。
断るという選択肢を前提からなくしてしまい、それを自然な形でトークすると、女の子にとって断るという答えが無意識的に出にくくなります。

「二者択一法を駆使した最強の連れ出し交渉」の続きを読む…

非現実思考 | 白馬の王子様

男性の大半は、左脳派、論理思考、現実思考の傾向が強く、
女性は右脳派、感情思考、非現実思考の傾向が強くあります。
その為、男性側からするとおよそ馬鹿な話にしか聞こえないようなことでも、真剣に考える女性は少なくありません。
その代表格となる話は白馬の王子様のような話でしょう。

「非現実思考 | 白馬の王子様」の続きを読む…

トークの男女バランス

女の子との会話において、その会話の中でどのような内容を話すべきという問題はとても男を悩ませる問題になりますが、そういった具体的な会話の内容ではなく、
トークにおける主導権の男女バランス・トーク量の男女バランスを、どのようにしていくべきかを解説します。

「トークの男女バランス」の続きを読む…

女は楽しさ・面白さ・嬉しさ・喜びに快感を感じる

【楽しさ・面白さ】

楽しさ・面白さといったものは、メスがオスに対して感じる、本能的・性的な魅力ではありませんが、一緒に時間を過ごしていく上で必要不可欠な魅力です。

【嬉しさ・喜び】

本能的・性的な魅力を感じる男と一緒に過ごすだけでも、女の子は嬉しさ・喜びを感じると言えますが、それだけでなく、もっと女の子に嬉しさ・喜びを感じさせることによって、より男に対して魅力を感じるようになります。

【その他】

他に、優しい、誠実、真面目、などの魅力がありますが、これらは本能的・性的な魅力ではなく、理性的な魅力とも言えます。
女の子が頭でちゃんと意識して考えて、自分にプラスになると判断することが出来るような魅力です。
誠実であるとか真面目であるというものは、マイナスを避ける為、不安を消す為のものであり、こういったものは直接的に女の子を惹き付けるものではありませんが、こういったものがなければ、女の子の不安の為に完全に惹き付けることが出来ないといったケースも起こります。

女は行動力・決断力に男らしさと快感を感じる!

オスは群れを率いて、外敵から群れの仲間を守ったり、色々なものから仲間を守り、生き延びていく為に行動し決断するという役割を担ってきました。
そして、メスはそういったオスを頼りにして、集団生活を営んできていました。

「女は行動力・決断力に男らしさと快感を感じる!」の続きを読む…