その女の子の内面的要素がタイプだというトークで説得力を持たせる

これまでは外見的要素においてタイプだというトークを解説しましたが、外見的要素だけでなく、内面的要素においてもタイプだというトークも非常に重要です。
女の子に単純な見た目だけでなく、外見ににじみ出ている内面にも惹かれて声を掛けたと思わせることになります。
また、ある程度は外見的要素の好みで声を掛けたけど、話してみて内面的要素も好みだから、より仲良くなりたいと思った、という流れで外見的要素を強化することも出来ます。

「その女の子の内面的要素がタイプだというトークで説得力を持たせる」の続きを読む…

その女の子の外見的要素がタイプだというトークで説得力を持たせる

声を掛けられた女の子は「誰にでも声を掛けている」という疑いを必ず持つものです。
その為、君だからこそ声を掛けたと、女の子に信じさせる説得力のあるトークは非情に重要です。
何故その女の子に声をかけたのかを、より具体的に説得力のあるトークで説明して下さい。

「その女の子の外見的要素がタイプだというトークで説得力を持たせる」の続きを読む…

ホストでは無いというトークで説得力を持たせる

ホストだと思われると

店に呼ぶ為に声を掛けている
女の子を騙す仕事をしている
女の子を金としか見ていない
チャラい

というイメージを持たれやすく、ホスト好きの女の子など以外に対してナンパの成功率が大きく落ちてしまいます。

「ホストでは無いというトークで説得力を持たせる」の続きを読む…

スカウトでは無いというトークをすることで説得力を持たせる

女の子にスカウトだと思われると

・声を掛けている
・利用する為に声を掛けている
・毎日色んな女の子に声を掛けている
・チャラい男だ

などと思われてしまい、成功率が落ちてしまうことがよくあります。
その為、スカウトでは無いと信じさせることが重要な場面がよくあります。
スカウトが多くいるような街では、よりその必要性は高まります。

「スカウトでは無いというトークをすることで説得力を持たせる」の続きを読む…

女の子に自発的な判断をさせることで説得力のあるトークになる

女の子に自発的な判断をさせるとはどういうことかというと、こちらから積極的にアピールするトークではなく、出来るだけ自然な流れのトークの中で、女の子自身が判断して結論付けるようなトークをするということです。

「女の子に自発的な判断をさせることで説得力のあるトークになる」の続きを読む…

ストーリーを演出してナンパした動機を伝える

ストーリーを演出するというのは、「その女の子がタイプだったから」という理由をより強化して、もっと女の子が「声を掛けてきたこの男とトークをしよう」「この人と友達になってみよう」と、強く思える心理状態にする為のトークです。

「ストーリーを演出してナンパした動機を伝える」の続きを読む…

ナンパした動機を伝える意味とは?

動機を伝えるということはどういうことかというと、声を掛けた女の子に対して、
「何故、自分は、あなたに声を掛けたのか」ということを伝え、女の子に状況を理解してもらい、これからこちらとトークをしてもらう心理状態になってもらう為の作業です。

「ナンパした動機を伝える意味とは?」の続きを読む…