連れ出しにおける最強トーク集【自宅】

最初から自宅に連れ出すことが出来れば、費用もほとんどかからずセックスをするには最高の環境が整います。
しかし、最初から家に簡単に付いてくる女の子はほとんどいない為、自宅に女の子を持ち帰る為のトークが重要になってきます。

こういったトークは、直接自宅に持ち帰るという時だけでなく、どこか別の場所に女の子を連れ出して、ワンクッション置いてから自宅に持ち帰る場合や、アポで自宅に持ち帰る時も同様に使えるので、自宅を使える人は必ず身に付けておかなければなりません。

自宅というのはセックスをするには最高の環境ですが、自宅に持ち帰る時のポイントは、
自宅=セックスという匂いを出来るだけ消すということです。
セックスをする為に家に行くのではなく、家に帰った結果、たまたまセックスまでしてしまったという流れにしましょう。

セックス前提で家に行くと女の子が思ってしまうと、女の子にとって自宅に行くハードルは高くなります。
しかしセックス前提という流れではなく、その時の状況で自然と家に付いて行ったという形であれば、女の子に余計なブレーキがかかりません。

家に行く理由を作ることは、例えそれが家に行くという目的の為に作った理由であると女の子がわかってしまうようなケースでも、女の子の中での「言い訳」を作ることが出来るという効果があり、「セックス前提で家に行くのではなく、○○する為に家に行く」と女の子自身を納得させることが出来ます。
単に「家に行こうよ」と言うだけではなく、そういった建前を作ってあげることにより、女の子を自宅に持ち帰り出来る確率は上がります。

自宅というのは費用を抑えることが出来るので、まず家に持ち帰るというのが重要になります。
今日はセックスをしないと心に決めている女の子であっても、自宅に持ち帰ってしまえばその状況に流されてセックスまでしてしまう女の子もいます。

ただ、「絶対に手を出さない」という約束は出来るだけしないようにしましょう。
そういった約束をしてしまうと、「ギラつく=女の子を騙す」ということになってしまいますし、女の子がギラつきを拒否する良い理由になってしまいます。
「手を出さないって約束したのに、手を出すなら帰る!」という、正当な理由によって、セックスへの流れを絶たれてしまうと、そこからセックスの流れを作り直すのが難しくなるので、そういった約束の話は上手くかわすことが大事です。

ライブチャットで女慣れする