連れ出しにおける最強トーク集【漫画喫茶】

漫画喫茶は24時間低料金で、店によってはセックスまですることが出来るので、抑えておかなければならない連れ出し先です。
学生などでお金があまり無いナンパ師にとって、1番お金のかからない連れ出し場所になるので、お金を出来るだけ使いたくないナンパ師にはありがたい場所です。

ただ、カラオケより女の子が拒否反応を示すことは多くなります。
漫画喫茶は普段よく行く女の子もいますが、あまり行かないという女の子が多く、行ったことも無いという女の子もいます。
そういった場合でも、漫画喫茶に連れ出せるようなトークが必要です。

あまりにも最初から漫画喫茶だけを押すのも、漫画喫茶に行かないような女の子の場合、マイナスになってしまうことがあります。
自分自身がカラオケでも漫画喫茶でもどちらでも良い、どちらでもゲットしやすさは変わらないという人は、最初に「カラオケか漫画喫茶だったらどっちが良い?」と二者択一法でカラオケか漫画喫茶の2つに限定して、女の子がより行きやすい方を選択するというパターンを使うのが良いでしょう。

例1.漫画喫茶の良さをアピール

ナンパ師
「漫画喫茶にでも行こうよ?」
女の子
「えー 漫画喫茶?(笑)」
ナンパ師
「漫画喫茶ってオタクが行くような場所だと思ってるんじゃない?
 最近は若い可愛い女の子もよくいるし、漫画喫茶って名前がついてるけど、
 みんな漫画を読みたいから行くわけじゃないよ?(笑)」
「最近の漫画喫茶って○○ちゃんが思ってるより全然綺麗な所だし、設備も色々凄いよ?」
「最近の漫画喫茶はパソコンがあってインターネットとかも出来るし、
 DVDが観れたりゲーム出来たりドリンクも飲み放題だし、
 日焼けマシーンとかシャワーとかもあるし、ソファでくつろげるし凄い快適だよ♪
 ○○ちゃんが漫画オタクなら、漫画読んでくれてても良いし。(笑)」

このように、漫画喫茶の良さを色々知っておき、それをアピールすることによって
「オタクが行くイメージ」「漫画を読みに行くだけ」「楽しくないイメージ」
といった、漫画喫茶に対するマイナスのイメージを取り除き連れ出します。

例2.漫画喫茶だと静かにしないといけない?

ナンパ師
「じゃあ漫画喫茶でも行かない?」
女の子
「漫画喫茶とかって静かにしないといけないじゃん?」
ナンパ師
「大丈夫! 普通に喋ってるくらいなら何も言われない漫画喫茶知ってるし!
 てか、いつもそんなに大声で喋って注意されてるの?(笑)」

漫画喫茶は店によって、静かにしないと注意されるような店もありますが、大きな声を出さなかったり、少し声を抑えて喋っていれば問題の無い店が多いので、喋れないということに関しては問題になりません。
ただ、大声で喋ったりしていると注意されることがあるので気を付けて下さい。

例3.喫茶店より漫画喫茶、カフェよりネットカフェ

ナンパ師
「じゃあとりあえずお茶でもしよっか?」
女の子
「そうだねー どの店に行く?」
ナンパ師
「良い漫画喫茶知ってるから、そこ行こうよ?」
女の子
「え! 漫画喫茶!?」
ナンパ師
「そう、漫画喫茶。(笑)
 ソファでくつろげるし、何でも飲めるし、その辺の喫茶店とか入るより全然良いよ!」
「とりあえず、漫画喫茶行ってゆっくりして、それから場所変えても良いし」
「喫茶店だと何か飲むしか出来ないけど、漫画喫茶だと色んな事出来るし、飲み放題だし。(笑)」
「○○ちゃんが俺と喋るのに飽きたら、漫画とか雑誌を読んで過ごすことも出来るよ?(笑)」

セックス出来る可能性があると思ったり、ギラつきたいと思ったりした場合は、喫茶店などに行かずに漫画喫茶に行きましょう。
ただ話をするだけで満足出来るような女の子の場合は喫茶店でも良いですが、漫画喫茶を提案するだけ提案しても全然構いません。
「この子は即は無理だろうなー」と思っていても、案外すんなり即れることもあります。

最後に書いてある「俺と喋るのに飽きたら…」というようなある種の自虐ネタは、
実際は飽きさせないからこそ言える台詞です。
喋っていて面白くなさそうと思われているのに、更に自虐ネタでマイナスのイメージを強めてしまうと逆効果になります。

例4.女の子にあまり時間が無い場合

ナンパ師
「じゃあちょっとだけ話そうよ?」
女の子
「時間あんまり無いんだよねー」
ナンパ師
「どれぐらい時間あるの?」
女の子
「20~30分しかないよ」
ナンパ師
「じゃあ20~30分だけ遊ぼうよ?」
女の子
「20~30分で何して遊ぶの?(笑)」
ナンパ師
「漫画喫茶。(笑)
 あんまり時間無いからカラオケとかも微妙だし。
 ちゃんとした店行って食べ物とか飲み物出てくる前に時間が来たらダメだし。
 でもこんな暑い(寒い)のに外で時間潰したり、立って時間潰したりするのも辛いでしょ?
 漫画喫茶ならくつろげるし、時間が無くなったらすぐに帰ってくれても良いから。
 ちょっとだけでも漫画喫茶行ってゆっくり喋ろうよ?」

時間があまり無いような女の子でも即のチャンスはあります。
時間が無い女の子を即る場合は、とりあえずセックス出来る場所に連れ出すということが非常に重要になってきます。
連れ出してしまえば、その後のトーク次第で女の子にもっと時間を作ってもらうことも出来ます。
少ないチャンスをものにしていくことも、ナンパで結果を出していく為には必要です。

例5.インターネットをしたいという口実

ナンパ師
「じゃあ漫画喫茶にでも行かない?」
女の子
「何で漫画喫茶なの?」
ナンパ師
「ちょっと仕事のメールチェックしたいから、少しで良いからネットしたいんだよね」
「ちょっとネットで調べたい(したいこと)があるから、少しで良いからネットしたいんだよね」
「ちょっとネットするだけで良いから漫画喫茶付き合ってよ?
 漫画喫茶って普通に楽しめる場所だし」
「とりあえずくつろいでから、どうするか考えようよ」
「○○を調べたい(知りたい)なら漫画喫茶でネットで検索すれば一発だよ?
 調べてあげるからとりあえず一緒に漫画喫茶行こうよ?」

例6.終電の無い女の子

ナンパ師
「これからどうするの?」
女の子
「終電逃しちゃってどうしようか考えてたんだよね」
ナンパ師
「もう終電逃しちゃったんだー?
 じゃあ一緒に漫画喫茶でも行こうよ?
 俺も終電逃しちゃって、1人で漫画喫茶にでも行こうかなと思ってたんだけど、
 せっかくだから2人で行かない?
 無駄に終電逃すよりも、2人で楽しく始発まで時間潰そうよ。
 ○○ちゃんが眠たくなったら俺の子とは気にせず寝てくれても良いし。
 漫画喫茶って終電逃した子とかがよく使ってるよ。
 安くて良い漫画喫茶知ってるから、○○ちゃんがまた終電逃した時の為に教えといてあげるよ♪」

ライブチャットで女慣れする