費用対効果を考えて、レンタルルームで時間を上手く使う方法

レンタルルームも自宅と同様、最終決戦の場所となります。
レンタルルームはセックスする為の場所ですので、そこから他の場所に移動してもセックス出来る可能性が増えることはほとんど無いでしょう。

レンタルルームが自宅と違う点は、時間が経てば経つほどお金もかかっていくという点です。
その為、出来るだけ早くセックスまで行けるようにする必要があります。

レンタルルームもカラオケや漫画喫茶と同様に1時間からの入店となるので、その1時間の前半30分で親密度を上げ、後半の30分でセックスへの流れを作っていきます。
1時間でセックスの流れを作ることが出来なければ場所に対するグダが無い分、場所を変えることでグダを解消することが出来ず、場所を変えることによってグダを解消することが出来る可能性のあるカラオケや漫画喫茶と違って、その日にセックスまで行くことは難しくなります。

延長してグダをクリアしようと頑張るにしても2時間、和んで次に繋げるとしても2時間が最長という基準になります。
2時間以上かけてもセックス出来るようになる可能性はほとんど無いので、女の子と解散して時間とお金の浪費を抑えることが、より効率の良いナンパ活動になります。

ライブチャットで女慣れする


2018年8月6日 費用対効果を考えて、レンタルルームで時間を上手く使う方法 はコメントを受け付けていません。 中級レベル