費用対効果を考えて、自宅で時間を上手く使う方法

自宅は最終的な連れ出し場所であるので、最初から自宅に連れ出した場合は、その後の費用や時間を気にする必要はほとんど無いと言えます。

女の子がどれぐらい家にいることが出来るのか、自分が女の子をどれだけぐらい家に連れ込んでいることが出来るのか、ということから、自分の持ち時間を把握して、その持ち時間をじっくり使って攻めることが出来ます。

女の子に時間が無い場合や、早くセックスして早く女の子に帰って欲しいという場合を除いて、勝負を焦る必要は無いので、しっかりと食い付かせて徐々に親密度を上げてから、徐々にギラついていくようにします。

ライブチャットで女慣れする