高ゲット率の秘密を全て紹介!連れ出しやアポの場所をラブホテル・レンタルルームにした場合

連れ出しやアポでいきなりラブホテルに行けるというケースはほとんど無い為、その他の場所でワンクッションを置くという形になります。
女の子もこれからセックスするということを了解していく形になるので、それまでの場所でどうやって落とすのかということが問題になってきます。

レンタルルームというのは簡易ラブホテルのようなもので、ベッドがあったり、シャワーがついていたりして、ラブホテルほど設備は整っていないものの、ラブホテルより安価にセックスを出来る場所になっています。
レンタルルームは説明の仕方によって、セックスをする為の場所という印象を与えないようにすることが出来ます。
どのようなレンタルルームなのかということにもよりますが、パソコンやテレビがあり、インターネットやDVDを見たり出来るようなレンタルルームであれば比較的連れ出すのは容易です。

ナンパ師
「ちょっとインターネットでメールチェックしなきゃいけないんだけど、
 漫画喫茶(ネットカフェ)とかじゃ小声で喋らないといけないし、
 レンタルルームにちょっとだけ行っても良い?」

ナンパ師
「友達がレンタルルームってパソコン出来るし、DVD見れたりするし、
 自分の部屋みたいにくつろげるし、結構良いって言ってたから行ってみない?」

ナンパ師
「レンタルルームってカップルでも友達同士でも普通に使う場所らしいよ。」

などと、セックスをする為の場所ということを出来るだけ感じさせないように誘うと、
レンタルルームのことをあまり知らないような女の子だと付いてくることもあります。
また、即系の女の子である場合も、特に拒否反応を示さず付いてくることもあります。

パソコンがあってインターネットが出来るようなレンタルルームである場合は、ネットカフェに行こうと言って、ネットカフェという設定で押し通すのもありでしょう。
ラブホテルほどセックスをする場所という認識が広まっておらず、ラブホテル並みにセックスをしやすい環境で安価なので、良いレンタルルームであれば活用すべきです。

レンタルルームの使用料は店によって異なりますが、1時間1000円~2000円ぐらいで使うことが出来ます。

【ラブホテルを選択する主なケース】

・どこか別の場所に連れ出してギラついてセックスする流れになったケース
・夜遅い時間で女の子が家に帰れず、泊まる所が無いケース
・いきなりラブホテルに連れ出せる即系が相手でちゃんとセックスしたいケース

【ラブホテルを選択するデメリット】

・料金が高くつく

【レンタルルームを選択する主なケース】

・どこか別の場所に連れ出してギラついてセックスする流れになったケース
・即系が相手のケース
・女の子がレンタルルームのことを知らず、拒絶反応を示さないケース

【レンタルルームを選択するデメリット】

・レンタルルームがやり部屋ということを知らない女の子を連れて行った時に、
 その場になってから場所に対する拒絶反応を示すことがある

ライブチャットで女慣れする


2018年7月27日 高ゲット率の秘密を全て紹介!連れ出しやアポの場所をラブホテル・レンタルルームにした場合 はコメントを受け付けていません。 中級レベル