ファーストメールはいつ、どんな内容のものを送れば良いのか?

ストリートナンパでは、1日に数人の番号を聞くことが普通です。
そして、何人も同時進行していきます。
その為、手間や費用の問題から、最初のコンタクトはメールで送ることが多くなります。

番号ゲットの数が少ない、特に力を入れたい女の子である、といった場合でも無い限り、全員に電話をするというのは難しいので、ちゃんと食い付かせてさえいれば、よほど変なファーストメールを送ったりしない限り返事は返ってきます。

1.いつ送るのか

まずはファーストメールをいつ送るのかという問題です。
ポイントは

・女の子がメールを見ることが出来る時に送る
・女の子が返事を返しやすい時に送る
・印象が薄れない内に送る

まず、女の子が寝ていたり、仕事中だったりする場合は、メールをすぐ見ることが出来ません。
時間が経ってメールが何通も溜まっていて、返信を何通もしなければいけない状況でメールを見た場合、返信に手間がかかる為、返信率が多少ながらも落ちる可能性があります。

最後に印象が薄れない内に送らなければなりません。
時間が経てば経つほど印象は薄れていきます。
また、他にライバルがいる可能性もあります。

番号ゲットした時に、女の子の生活リズムやある程度の予定を把握して、番号ゲットした時にどれだけ食い付かせることが出来ていたかも考慮し、2~3日以内にはメールを送るようにしましょう。
強い印象を与え、強く食い付かせていた場合は3日後以降でも大丈夫ですが、あまり話す時間が無かった場合や、あまり食い付かせることが出来ていない場合は、当日や次の日に送った方が良くなります。

女の子によって、メールの返信がマメであったり、あまりメールを返信しない子であったりします。
そういったことをアドレスを聞く時に女の子に聞いておくと、ファーストメールを送るタイミングを図りやすくなります。
また、女の子の生活のリズムや返信しやすいタイミングは職業などによっても異なってきますので、職業による違いを解説していきます。

【高校生】
高校生はマメにメールのやり取りをする女の子が多いです。
学校に行っている時でも休憩時間等に返信する女の子も割と多く、授業中や部活中やバイト中、寝ている時以外の時間帯であればあまり問題はありません。
基本的に夕方から女の子が寝る時間の1~2時間ぐらい前までの間なら問題は無いでしょう。
寝る直前の時間に送るとやり取りが中途半端に終わってしまうことがあるので、ある程度の余裕を持って送信しましょう。

【大学生】
大学生の場合は、高校生以上に時間に制限がなく自由が効く子が多いので、高校生と同様にバイト中や睡眠中以外の時間ならいつ送ってもあまり問題ありません。

【OL】
OLの場合は仕事中に返信するのは困難です。
その為、仕事が終わる時間帯から寝る時間の1~2時間ぐらい前までに送るようにしましょう。
また日中に送信して夕方以降に返信を求めるパターンを狙うならば、11時~13時の間に一通メールを送信しておけば、少なくとも昼休み中には確認はしてもらえるので、この時間帯を狙ってメールを送信しておくのも有効です。

【キャバ嬢】
キャバ嬢は夜から朝にかけて働いているので、他の女の子と違って生活が逆転しています。
夜の7時~早朝5時頃までは出勤の準備、同伴、接客 、アフターなどをしている為、それ以外の時間帯に送るのが良いでしょう。
声掛け&番号を聞いた時に仕事をしている曜日や時間帯を確認するようにしましょう。
基本的に出勤前で家にいる夕方か、仕事が終わって家にいる時間帯などが連絡を取りやすい時間帯になります。
また、仕事が休みの日も連絡を取りやすくなります。

補足として、週末であれば厳しいとしても、平日は営業時間帯でも店が暇でメールのやり取りや電話に応じてくれる子もいるので、営業時間外だけでなく営業時間内であっても、「今日は店忙しい?」といった感じの探りを入れて、やり取りをすることも有効です。

ただ人気嬢など力のある子の場合は、営業時間中は接客をしている時間が多く、このパターンは該当しません。
店での売り上げやその子の位置、頑張り具合などもそれとなく聞いてみるべきでしょう。
やはり専業でキャバをしている子とバイトで小遣い稼ぎをしている子とでは、働く姿勢、スタイルは自ずと異なってきます。

レギュラーで週5~6日入っているようなキャバ嬢ではなく、小遣い稼ぎ程度でキャバ嬢をしているような女の子の場合、比較的暇な時間を持っている場合が多いので、そういった子が相手の場合は、連絡を取りやすい時が増えます。

【フリーター】
フリーターは声掛け&トークの時に何のバイトをしているのか、バイトをしている曜日、時間帯などを聞いておき、そのバイトの時間帯以外の時に送るようにしましょう。

2.どんなファーストメールを送るのか

ファーストメールの1番のポイントは、「女の子が返信しやすいメールを送る」ということです。
その為には、

・声掛け&トークからの自然な流れのメール
・疑問文や質問を入れる
・女の子が嬉しくなる・楽しくなるようなメール

といったことが必要です。

【自然な流れのメール】
まず前提として、
「どの女の子とどのような話をナンパの際にしていたか?」
この点を必ず把握しておくことが重要です。
携帯電話のメモ機能などで構わないので、大体の内容を思い出せるキーワードなどを控えておくようにしましょう。
ある程度ナンパの実力が付き、一度に複数の女の子とのやり取りが必要になった時に活きてきます。

女の子が、「最近地元で同窓会があった」「買い物に来た」「映画が好き」「明日コンパがある」などと言っていた場合は、これらの話題がファーストメールのネタの候補になります。
ナンパをした時のトークの内容によって、それぞれの女の子と話すことは異なってきます。
このようなちょっとした会話の中の、次に繋がるキーワードを思い出す(メモしておく)ことによって、ファーストメールやファーストコールのネタにしていきましょう。

ファーストメールのネタにするならば、そのメールの内容の一文として、

「最近同窓会あったって言ってたけどいつの間にか結婚してる友達とかいた?」
「あの後買い物行って何か買ったの?」
「コンパはどうだった? 良い男いた? コンパって当たり外れあるよねー」

などとして使えます。

ナンパをした時にある程度トークを展開していれば、自然に入っていけるきっかけがあるはずです。
そういったきっかけを上手く使って、わざとらしく連絡をしている雰囲気を無くしましょう。

【疑問文】
上記の自然な流れのメールで必要なポイントを押さえている場合は、自然に疑問文も含めることが出来るのであまり問題になりません。
しかし時間があまりなく女の子とほとんど会話が出来なかった場合は、自然な流れでメールをすること自体が難しい場合も少なくありません。
そういった場合は、多少わざとらしくても無理矢理疑問文を入れるようにすべきです。
女の子の中には、疑問文がなければ返信はせずにただ読んで終わりという女の子も多いからです。

ただやはり原則としては、自然な流れで疑問文を入れられることがベストなので、無理に疑問文を織り込むことは、ある意味で力技的な部分があります。
あまりこういったことが無いように、必要最低限のネタの引き出しを、ナンパした時に聞いておくように努めるべきです。

トークの内容が薄く、良いファーストメールのネタが浮かばない場合は、

「昨日は話してくれてありがとう! 昨日○○で声掛けた□□だけど覚えてる?」
「今日の夕方くらいに渋谷で登場した○○だけどわかる?」
「お疲れ様、昨日はどうも♪ ○○だけど、□□ちゃんは今何してるの?」

このような形を取ることが無難でしょう。

【嬉しい・楽しい内容】
自然な流れを組んだ内容や疑問文を入れること以外に、相手の女の子が嬉しいと感じたり楽しいと感じる内容を盛り込むことも効果的です。
ナンパをした時の会話の内容から、相手の女の子の趣味や好きなものがわかっている場合は、メールの内容に盛り込んでみましょう。
逆にそういった要素がわかっていない場合は、相手の女の子を誉める内容やこちらからの好意をほのめかす内容を盛り込むことが、効果的に作用する場合があります。

ただ好意を早い段階でほのめかす部分に関しては、相手の女の子がこちらをどう捉えているかにもよってきます。
常に効果的な作用をするとは言えず、逆効果になる場合もあります。
その点である程度慎重にならなくてはならない面もあるので注意しましょう。

例1
相手を誉めこちらの好意をほのめかす場合は、
「○○ちゃんモテそうだからいつも声掛けられて大変でしょ?」
「○○ちゃんはタイプだからまた会って話したい」
など、こういった内容のメールであれば、相手の好意とマッチングした場合は有効に作用します。

例2
相手の女の子が、ディズニーランドやディズニーのキャラクターが好きであった場合は、
「友達がディズニーの新作の映画に行ったんだけど、かなり面白かったみたいだよ」
「○○(ディズニーのキャラ)の凄い可愛い待ち受け画像見つけたんだけど、これ可愛くない?」
より効果的にする方法として、ディズニーに関わる何かを見つけた場合は、写メールを添付して送信してしまうという方法もあります。

この場合は、こちらの好意などは表現していないので、相手の女の子が乗って来る可能性が高く、単純に会話やメールのやり取りを発展させることは可能です。

ライブチャットで女慣れする


2018年6月21日 ファーストメールはいつ、どんな内容のものを送れば良いのか? はコメントを受け付けていません。 初級レベル