軽い男では無いというトークで説得力を持たせる

軽い男では無いというトークについては前の例でも触れていますが、このトークはナンパをした時だけではなく、そのまま女の子を連れ出したり、番号を聞いて後日アポで遊んだりした時にも非常に重要になります。
女の子と遊ぶという場面では、より突っ込んだトークで、より具体的に、より詳細にトークをして、短い時間のトークでは伝えきれなかった面も伝える必要があります。

声を掛けた時のトークでは、時間的な制限や、女の子を楽しませるというトークを優先しなければならない面もあり、あまり突っ込んだ所まで話しにくくなります。
番号ゲットするまで、連れ出しをするまでという中で出来るだけ「軽い男ではない」と思わせるトークをして、その後アポや連れ出しの場で最大限「軽い男ではない」というトークをして下さい。

相手の女の子によっては、「軽い男ではない」と信用させなければならない場面があります。
そういった面をクリアにしないと食いつかせることが出来ない、ゲットまで繋がらないという女の子もいますので、軽い男ではないというトークはしっかりと磨いて下さい。

軽い男では無いというトークの切り口しては

・過去の恋愛話
・しっかりとした恋愛観

などがあり、これらに関してじっくりと具体的にトークして、裏付けをしっかりすると共に、軽くない男だからこそ、という言動をしっかりと積み重ねていって下さい。

これまでのトーク例では解説しなかった「女の子と遊んでいる時」に適した、より突っ込んだトークに関する詳細については初級編の範囲を超えますので中級編に譲ります。

これまで、説得力のあるトークについて多数の具体例を挙げて解説してきましたが、様々な場面で非常に重要になってくるものなので、必ず身に付けて下さい。
説得力はその場面でのトークだけではなく、行動や細かい言葉の端々においても女の子に感じさせるものです。
口先だけと思われないように、全ての面においてその設定を裏付けるようにしなければいけません。

ライブチャットで女慣れする


2018年5月18日 軽い男では無いというトークで説得力を持たせる はコメントを受け付けていません。 初級レベル