女の子の感情をコントロールして動機を伝える

女の子の感情をコントロールするとは、動機を伝えるストーリーを演出するトークにおいて、感情表現をすることにより、女の子に同様の感情を伝染させたり、こちらに感情移入させることです。
女の子に声を掛けるにいたるまでのストーリーの演出において、しっかりと感情表現しましょう。
感情移入させ共感を生むことにより、成功率が上がります。

ストーリーを演出する」の例(1)と(2)では、凹んでいるという感情を表現することによって、相手の同情を引くという効果があります。
ただ、ポイントとして、ただ単に落ち込んでいるだけでは、女の子に対してポジティブなプラスの感情を起こすことが出来ません。
そういった落ち込んでいるという状況のストーリーであったとしても、それに「笑い」も織り混ぜて話をして、かわいそうだけど笑える話というスタンスで行くべきです。

ネガティブな感情表現であってもポジティブな感情表現であっても、しっかりと感情表現をして、相手にこちらの感情を伝え、相手の感情をしっかりとゆさぶるようにしましょう。

女の子に
「そういう状況なら声を掛けてきたのも理解出来る」
「そういう状況ならしょうがないし遊んでも良いかな」

と思わせることが重要です。

ライブチャットで女慣れする


2018年5月7日 女の子の感情をコントロールして動機を伝える はコメントを受け付けていません。 初級レベル