感情を読み取ることで女の子をトークへ誘導する

感情を読み取るトークへの誘導とはどういうことかというと、声を掛けた時の女の子の感情を理解し、その感情に共感することにより女の子との距離を縮め、トークへと誘導するテクニックです。
人は自分の感情や気持ちを理解してくれる人間とは話をしたいと思います。
街にいる女の子の中にはその時に特別な感情や気持ちになっている女の子もいます。

・疲れている
・悲しんでいる
・怒っている
・寂しい
・体調が悪い
・楽しい
・嬉しい

など、色々な感情や気持ちを持っているケースがあります。
そして、このような感情が特別強くある時には、それは声を掛ける前に表情に表れていたり、声を掛けた時のリアクションに表れたりします。
そういった感情や気持ちを読み取り、理解し、こちらから共感を示したり、女の子がこちらに共感を持てるようにトークしたり、理解者であると思わせたりすることによって、女の子をトークしようという気持ちにさせることが出来ます。

最後の2つの「楽しい」「嬉しい」という感情の時には、女の子は既にポジティブな状態にあるので、こちらもそれに合わせてテンションを取ることで問題はありません。
さらに、その「楽しい」「嬉しい」理由などを聞き出し、その話題について盛り上がることで更に共感を高めて仲良くなりやすい状態にすることが出来ます。
女の子もポジティブな精神状態なので、「楽しい」「嬉しい」かった話を聞いて欲しいという気持ちがあるケースもあります。

下の2つ以外の感情の場合、理解と共感が重要になってきます。
自分がネガティブな状態の時にテンションの高い人間といると、そのギャップが辛い時もあります。
そういったズレを生み出したり女の子に感じさせたりするのではなく、まず理解することが重要になります。

理解した上でネガティブな感情をポジティブに持っていってあげるという姿勢なら、女の子も受け入れやすくなるでしょう。
人は、自分のことを理解してくれる人に対してとても好感を持ちます。
女の子の感情とギャップを生まない為にも、まず理解し、そして女の子に理解者と思わせるようにしましょう。

こちらが女の子の感情を理解し、こちらから共感し、女の子との距離を縮めましょう。
それと同時に、こちらも女の子と同じ状況・感情ということを知らせ、女の子にこちらに共感させ、より距離を縮めるというテクニックもあります。

注意点として、女の子の心の中に踏み込みすぎないということがあります。
あまりにも個人的な部分にまで踏み込んでしまうと逆効果になってしまいます。
適度な距離感が重要です。
女の子の感情に合わせた具体的なトーク例を以下に示していきます。

例(1)女の子が疲れていそうな時

ナンパ師
「こんにちは~ どうしたの?お疲れだね。 仕事帰りとか?」
女の子
「さっきまで仕事しててさ~ 疲れたよ。」
ナンパ師
「そっかぁ、疲れてる所声掛けてごめんね。
 凄いタイプだったからちょっと喋ってみたいなと思って。
 今からもう帰るの?」

例(2)女の子が悲しそうにしている時

ナンパ師
「どうしたの? 何か嫌なことでもあった? 俺で良かったら話聞くよ?」

例(3)女の子が怒っていそうな時

ナンパ師
「こんにちは~ 機嫌悪そうだね~
 可愛いのにそんなに怖い顔してたらもったいないよ。(笑)」

※女の子が怒った顔をしている時は成功率は低くなり、罵倒される可能性も高くなるので初心者の頃は声を掛けない方が無難です。
第一声の「こんにちは」に対するリアクションなどから判断し、臨機応変に対応して下さい。

例(4)女の子が楽しそうにしている時

ナンパ師
「凄い楽しそうだけど、俺にもその楽しさ分けてよ。(笑)」

例(5)女の子が嬉しそうにしている時

ナンパ師
「何か良いことあったん? めっちゃご機嫌っぽいなー! 俺にもちょっと聞かせてよ♪」

ライブチャットで女慣れする