質問をすることにより女の子をトークへ誘導する

トークを開始し、お互いがコミュニケーションを取る為には、女の子にも言葉を発してもらわなければなりません。
見ず知らずの男に話しかけられたのに、その見ず知らずの男に自分から積極的に話題を振ったり、話をしていったりする女の子なんていません。
そのような状況で、女の子の言葉を引き出すのに有効なのが質問をすることです。
どのような質問をすれば良いのかというと

(1)状況に合った自然な質問
(2)女の子が答えやすい質問
(3)女の子が答えた後にトークを展開しやすい質問

となります。

・歩いている女の子の場合
「どこに行くの?」
・待ち合わせをしている女の子の場合
「待ち合わせしてるの?」
・立ち止まっているけれど、待ち合わせでは無さそうな女の子の場合
「何してるのー?」
・買い物袋を持っている女の子の場合
「今日は何買ったの?」
・これから行く所の想像がつく女の子の場合
「今から○○に行くの?」
・今まで行っていた場所が分かるような女の子の場合
「今まで○○してたの?」

こういった質問であれば、その後のトークに繋がっていきやすくなります。

注意すべき点として、否定されるような質問は避けるということがあります。
否定の答えというのは、女の子自身のネガティブな要素を作ります。
それだけでなく、初心者にとって否定された後にトークを展開していくのは難しくなります。

また、NOという答えではなくても、単にYESという答えだけになる質問も、トークへの誘導には向いていません。
「うん」とか「はい」というだけの答えでは、その後のトークの展開の幅がありません。
YESかNOの答えだけで済んでしまうような質問ばかりすると、質問攻めになってしまう流れになることがあります。
YESという答えを導くのは良いですが、もっと具体的な答えも返ってきて、トークを展開していける質問も織り混ぜていきましょう。

ライブチャットで女慣れする