警戒心を解いて安心感を与えるトーク術とは?

ストリートナンパで見知らぬ男から突然声を掛けられた女の子は、
「何か危ない目にあうんじゃないか」
「何かトラブルになるんじゃないか」
「遊び人で騙されて遊ばれるんじゃないか」

といった警戒心を持ちます。
中には最初から警戒心を持たない女の子もいますが、常識のある普通の女の子なら必ず警戒心を持ちます。

女の子が警戒心を抱いたままだと、ストリートナンパは成功しません。
もし、連絡先を聞けたとしても、警戒心を抱いたままであれば連絡しても繋がらず、繋がったとしてもなかなか会うという所まで持っていきにくいです。
また、女の子が警戒心を持った状態ではこちらの魅力がちゃんと伝わりません。
女の子が警戒心を抱かないようにするには以下の3つが必要です。

その1.警戒心が起こらないように声を掛ける

警戒心がストリートナンパの成功の邪魔になるのであれば、最初から警戒心が起こらないような声掛けをすれば良いのです。
その為には

・自然に声を掛ける
・警戒心が起こりやすい真正面から声を掛けない
・声掛けでびっくりさせない
・近付きすぎない
・スカウトやキャッチだと思われないような声掛けをする

といった声掛けをすることが大切です。

その2. 余計な警戒心を起こさせない

せっかく警戒心が起こらないような声掛けをすることが出来kても、会話をしていく上で女の子に警戒心を起こさせてしまっては元も子もありません。
女の子の心に踏み込みすぎたり、下心を見せたりしないようにしましょう。
女の子のプライバシー情報や個人情報を聞く時には、最初から踏み込みすぎてはいけません。

その3.起こった警戒心を解く

その1とその2においてどんなに上手くナンパしても、警戒心が起きてしまうことがあります。
そのような場合には、その警戒心を上手く解いてあげることが大切です。

・「笑い」によって警戒心を解きほぐす
・説得力のあるトークで警戒心を解く
・こちらから心を開き、安心感を与える
・警戒心が自然と解けるような話を語り、安心感を刷り込む
・ちょっとした気遣いや優しさなどで、警戒心を解く

といったことによって、起こった警戒心を解いてあげましょう。

ライブチャットで女慣れする