正しい並行トークの仕方とは?

正しい並行トークを実現する為には、まず声掛けの時に50cm~1mほど空いていた間隔を少しずつ縮めるように歩かなくてはなりません。
イメージとしてはナンパ師の人が緩やかな斜めのラインを描くことになります。

女の子を驚かせないように最初は離れ気味で声掛けをしても、そのままの間隔で並行トークを続けてしまうことは、声が聞こえにくい、トークの内容が伝わらないというデメリットを生みます。
またいつまで経っても離れ気味で話しているのは、女の子にかなり怪しいイメージを植え付けてしまうことになりかねません。
物理的に距離が空き過ぎているのは、精神的な距離も空き過ぎてしまうことを意味します。
それではいつまで経っても女の子と精神的に近付くことが出来なくなってしまいます。

歩調は必ず女の子に合わせること。
また歩く位置としては半歩前くらいを維持すること。
並行トークをする時は真横にいるだけでは実効性が低くなります。
相手の顔や目を見て話す為にも必ず半歩前の位置を維持し、少し半身になって女の子を振り返りながらトークをすべきです。

また初心者の人は並行トークをする時に、緊張やなるべく早く立ち止めをしたいという気持ちから、女の子に対してかなり早口で話してしまう人がいます。
これは逆効果なので注意して下さい。
トークの内容も伝わりにくいし、落ち着いてない人と落ち着いて立ち話をしようとは思ってくれないからです。
並行トークのように少し切迫した状況だからこそ、逆にゆっくり話すことを意識することが重要になります。

ライブチャットで女慣れする