ここまでやってダメなら時間の無駄!諦める基準

諦める基準に関しては、相手の女の子の表面的な部分からすぐに基準を作りやすいので、以下に当てはまる場合は諦めて次に行ってしまうのが合理的です。

(1)歩行速度が上がる

声を掛けた女の子が多少の会話があったとしても、一定のタイミングで歩行速度を上げてナンパ師から離れるように早足で歩くような状況になった場合は諦めるべきです。

(2)反転する

ここはトーク中に反転するということは少なく、ほとんどの場合は声を掛けた瞬間に最初の進行方向から反転して逆方向に歩き出す場合があります。
反転するような女の子は、それだけで強い拒絶を示しているので諦めるべきです。

(3)間隔を大幅に空けようとする

声を掛けた時は、50cm~1mほど空いていた女の子との距離が、並行トークをしている最中に大幅に空くようになってきたら拒否反応の表れです。
次第に無視に変わることもあるので、こういった場合も諦めてしまって構いません。
ただ歩く道上にある障害物や人などを避けるために間隔が空いてしまった場合は、その女の子の拒否反応とは言い切れないので注意しましょう。

(4)会話の途中から突然無視になる

最初から無視(ガンシカ)ならばナンパではよくあることなので、もう少し状況がはっきりするまで粘るべきです。
しかし最初はある程度会話が成り立っていたのに、急に途中から無視に変わる場合は、そのまま状況が先細りになるだけで良くなることはほとんどありません。
この場合も諦めてしまって構いません。

(5)終始目を合わせない・笑顔が無い・受動的で積極的な姿勢が見られない

一貫して終始こっちを見てくれない女の子、人間の女の子を相手にしているはずなのに無機質な感じがある。
トークをしていても、一切笑顔が無い女の子の場合。
トークを展開する全てのポイントが自分からだけ、質問も全てナンパ師がするばかりで一切何も聞いてこないなど、積極的な姿勢がなくこちらに全然興味が無いのがわかる場合。
このようなパターンも粘っても良い結果に繋がりにくいので諦めるべきです。

(6)嫌悪感の表情・苦情や拒絶の言葉

こちらを睨む、しかめっ面、明らかに嫌そうな表情、不愉快そうな表情。
「ウザい」「消えろ」「ナンパ嫌い」こういった感じの苦情や拒絶のキーワードが出てきた場合は諦めるべきでしょう。

(7)攻略する為のトークやビジョンが見えなくなった時

あらゆる持ちネタやトークの展開、質問などをしても全く手応えの無い場合、完全に攻略手段や攻め手を失い、攻略する為のトークのビジョンが見えなくなった場合、この女の子はこれ以上トークを展開しても全く意味が無いことが分かった場合、このような場合も諦めてしまって構わないでしょう。

ライブチャットで女慣れする