急いでるので・夜とかやりませんと断られた時の対処法とは?

「急いでるので」「夜とかやりません」といった断り文句は、基本的に相手の女の子がこっちをスカウトやキャッチと勘違いしている場合に起きやすいパターンです。
こういった場合は、単純にスカウトやキャッチではないと素直に伝えましょう。
スカウトやキャッチではないという事実の伝え方としては、笑いを取る方向でも誠実な方向でもどちらでも可です。

例(1)
女の子「急いでるので」「夜とかやりません」
ナンパ師「スカウトとかと勘違いしてない? 俺、それっぽいけど普通の昼職だよ?(笑) 仕事の紹介とかしないし出来ないし」

※補足
自分の素性説明に笑いを混ぜているパターンです。
この時点では単にスカウトやキャッチではないと説明しているだけなので、何故自分がその女の子に声を掛けたのか?といった点を後でアピール出来るようなトークの展開をしましょう。

例(2)
女の子「急いでるので」「夜とかやりません」
ナンパ師「違う違う! ナンパだってナンパ!(笑)」

※補足
手っ取り早くスカウトやキャッチではなく、単にナンパだとぶっちゃけてしまうパターンです。
ただ誠実系とは逆に、スカウトやキャッチとは異なることがアピール出来ても、軽い男だという印象になってしまうことは否めません。
ナンパとカミングアウトをするので、ノリ重視のナンパになりやすい傾向はあります。

例(3)
女の子「急いでるので」「夜とかやりません」
ナンパ師「いや、そういうのじゃなくて、タイプだったから声掛けたんだけど」

※補足
例(2)とは逆に、誠実系の方向へシフトして展開していくパターンです。
最近のスカウトやキャッチもナンパの振りをして仲良くなってから仕事の話をすることがあります。
その為、ナンパだと言ってもなかなか信用してくれない女の子もいます。
そういった女の子に対しては「もし仕事の話をしたら、その瞬間に縁を切ってくれて良いよ!」等、スカウトやキャッチではないという説得力のある切り返しをしましょう。

※切り返しトークをしていく上での留意点
断り文句に対して自分のキャラに則した切り返しを考え使用するに際して、まず多少強引にでも会話に持ち込んでしまうという心構えを持つということ。
また、切り返しが通じず話を聞いてもらえなかったり、途中から無視になったりする場合はどれだけ意気込んでも打開できる可能性はかなり低い上に、もっと悪い状況に陥りかねないので、そういった状況では早期に見切りを付けて諦めることが合理的になります。

ライブチャットで女慣れする