他に可愛い子いますよと断られた時の対処法とは?

「他に可愛い子いますよ」
これは、同じような意味で「誰にでも声掛けてるんでしょ?」も含みます。
「他に可愛い子いますよ」といった断り文句をしてくる女の子は、
自己評価が低い女の子か、ある程度年齢のいった女の子から出てきやすいキーワードです。
また、ナンパのイメージを「誰にでも声を掛けている」というニュアンスで見ている場合があるので、「私ではなく他の女の子に声を掛けて」といった意味が含まれている場合もあります。

このように「他に可愛い子いますよ」という断り文句がどちらの意味だったとしても、
その女の子だから声を掛けたという点を強調していくのがセオリーになります。

例1
女の子
「他に可愛い子いますよ」
ナンパ師
「君じゃないと意味ないんだよねー(笑)」

※補足
断り文句を笑いで濁すパターンですが、キーワードとしてその女の子だから声を掛けたという点を必ず加えること。

「今日見た中で一番好みのタイプだったし」
「君が一番良かったから」
「誰でも良いと思うわけじゃないし」

などを関連させて、具体的で説得力のあるトークを展開させていきましょう。

例2
女の子
「他に可愛い子いますよ」
ナンパ師
「本当に自分のタイプだったから」

※補足
この場合は断り文句を笑いで濁すのではなく、かなり誠実系に寄った感じで真面目にトークを展開していきましょう。

ライブチャットで女慣れする