スマホ・携帯電話を使用している女の子への声掛け方法とは?

スマホ・携帯電話を使用している女の子の場合でも、メールをしている場合は通常と同じように声掛けして問題ありません。
問題は通話中の女の子です。

スマホ・携帯電話で通話中の女の子の場合のポイントは

ポイント1.誰と話をしているのか?
ポイント2.どんな内容の話をしているのか?

の2つです。
まずはこれを見極めることで、どういった声掛けにするのかが変わってきます。

声掛けのパターンは大きく分けて3つです。

パターン1.電話中でも関係なくいつものように声を掛ける
パターン2.通話相手にこちらの声が聞こえないように声を掛ける
パターン3.電話が終わるのを待って声を掛ける

通話中の女の子が相手の場合、まず電話を切ってもらうということが重要です。
電話中の女の子であっても、電話が終わりさえすれば通常のナンパと何も変わりません。

それでは各ポイントと各パターンを踏まえながら解説していきます。
ポイント1の電話相手が彼氏であった場合、女の子は通話や相手を重視します。
もし彼氏に女の子が声を掛けられていることがバレてしまえば、女の子が彼氏に怒られ、ナンパが成立しなくなります。
彼氏で無くても電話相手がナンパの邪魔をするということがありえます。
そういったことを防ぐには
パターン2のジェスチャーや小声での声掛けをして、様子を見るという方法になります。

ジェスチャーや小声で軽く挨拶をするといった感じの声掛けをして、女の子の様子を見ます。
声掛けは、女の子が携帯を持っていない側からして下さい。
そこで、はっきりとした拒絶の反応が無いようなら、並行トークや横に並ぶといったポジションを取って様子を見ます。
そこでもはっきりとした拒絶の反応が無いようなら、ナンパを続行して
ポイント1の誰と話しているのか?と
ポイント2のどんな内容の話をしているのか?を見極めます。

ジェスチャーや小声で通話相手が男なのか女なのかを聞いたりしても良いでしょう。
会話の内容が仕事の話だったり深刻な内容であれば、通話が終わるのを待って本格的なトークに持っていくのが無難になります。

通話相手がただの友達で内容がただの暇潰し的な内容であれば、電話中ということを気にせず、どんどんトークを展開していっても問題ないでしょう。

あまり声に出してトークしにくい場合は、自分の携帯を切るボタンを押すジェスチャーや小声で電話を切ってもらうようにアピールし、声に出せる状況であれば、普通に「ちょっと電話切ってよ☆」と声に出すのも良いでしょう。

電話中の女の子に対する声掛けで一番無難な流れは、パターン3です。
とりあえず、ある程度の距離を取って様子を見て電話相手、通話内容を見極めつつ、電話が終わるのを待ちます。
そしてなかなか終わらないようであれば、電話相手、通話内容の見極めを踏まえた声掛けをします。
問題にならない相手・内容であれば
パターン1で、問題になる相手・内容であれば
パターン2の声掛けになります。

こういった声掛けは遠回りになってしまうので、通常の声掛けをしてダメならダメで良いという場合は、いきなり
パターン1で電話中ということを気にせずに普段通りの声掛けをしても良いでしょう。
そういった声掛けでも話を聞いてくれて、電話を切ってくれてナンパが成功する場合もあります。

ライブチャットで女慣れする