イヤホンをしている女の子への声掛け方法とは?

イヤホンをして歩いている女の子は、常識的に考えれば音楽などを聴いているだけです。
音楽を聴いているということは、外の音が遮断されています。
その為、ナンパ師やスカウトの声も聞こえにくいので、聞こえない振りなどが出来る都合の良いアイテムです。

こういったイヤホンなどをしている女の子に対しては、直接的な声掛けよりもジェスチャーで対応すべきです。
イメージとしてはボディランゲージに近いものがあります。
相手の目線の先で自分の手を振ってみたり、「少しイヤホンを外してくれる?」といった意味合いを込めて、自分自身が耳からイヤホンを外すようなジェスチャーをすることが効果的です。

無視する為にイヤホンを付けている女の子も中にはいると思いますが、こういったジェスチャーに気が付いてイヤホンを外して話をしてくれる女の子もいます。

また、イヤホンをしていてもこちらの声はある程度聞こえているケースもあります。
そういった場合、女の子の耳の近くで喋ったり、声を大きくして喋ったりすることで、こちらのトークの内容を聞いてもらい、女の子に反応してもらうようにします。
女の子によっては、こちらのトークが聞こえにくいということで自発的にイヤホンを外してくれる女の子もいます。

イヤホンをしている女の子でもイヤホンを外した状態になれば通常のナンパとの差は無くなりますし、イヤホンをしている女の子でも結果を出すことは出来ます。
ただし、やはり最初の反応は悪くなりがちなので、初心者の頃や、余計な失敗をしたくないという場合は、イヤホンをしている女の子を避けるのもありでしょう。
ある程度、コンスタントに結果を出せるようになったり、かなりタイプな女の子であったりした場合に、声掛けのターゲットに含めていくという流れでOKです。

ライブチャットで女慣れする