やってはいけない声掛けとはどういったものか?

ここではやってはいけない声掛けについて解説していきます。
やってはいけない声掛けなので、やってしまった場合には確実に成功率は下がります。
このブログを読んでいる方は、これから紹介するような声掛けをしないように注意して下さい。

(1)最悪の声掛け

以下で紹介していくようなパターンの場合は、かなり成功率を下げてしまう危険性があります。
こういったパターンで声掛けをすることが無いようにして下さい。

・いきなり女の子の前に飛び出して声掛けする
・顔も満足に確認出来ないような暗がりで声掛けする
・後ろの方や真後ろから声掛けする
・いきなり触って声掛けする
・かなり近距離で声掛けする

まず女の子を著しく動揺させてしまうような声掛けです。
簡単に言えば、女の子をびっくりさせてしまうような声掛けはしないこと!ということになります。
こういった声掛けをした場合、女の子は声を掛けてきた男が誰であろうと拒否反応を示します。
びっくりした動揺や恐怖心から本能的に防衛の意思が働いてしまうので、トークをしようにも逃げられてその後に挽回することはかなり困難です。
こういった声掛けをしてしまうと一発でNGになります。
絶対にしないように注意して下さい。

(2)相手に不快感を与える声掛け

「ナンパ待ちですか?」
「暇してるのー?」

このような声掛けは、例えそれが真実であっても女の子を不快にしてしまう可能性があります。
女の子を不快にしてしまうということは、ナンパの失敗を意味するので、こういった声掛けもしないようにして下さい。

(3)順序が逆の声掛け

「ちょっと遊ばない?」
「少しお茶しようよ!」

女の子を連れ出す為に、遊ぶことやお茶することを要求するのは決して悪いことではありません。
最後には連れ出しや連絡先の交換を要求することになります。
しかし声掛けと同時に要求することは順序が逆であり、タイミング的にも早すぎです。
女の子も軽い女と思われたく無いので、あまり早いタイミングでは応じにくくなります。
その点で成功率を下げる可能性があるので、こういった声掛けもしないように注意しましょう。

(4)否定的な返答が予想出来る声掛け

「ナンパしていい?」→「いえ、結構です」
「今急いでますか?」→「はい、急いでます」

「ナンパしていい?」→「はい、喜んで!」
「今急いでますか?」→「いいえ、暇してます!」

このように返答してくれる女の子はまずいません。
もしいるとすれば激即系ということになります。

普通の女の子であれば、例え本当は急いでいなくても、ナンパして欲しい状況だったとしても、それを表には出しません。
こういった最初から否定の可能性が高い質問を声掛けでしないように注意しましょう。
特に初心者の場合は女の子に否定されてしまうとトークの流れを作るのが難しくなってしまいます。

ライブチャットで女慣れする