口調・声のトーンが声掛け時に与える影響とは?

口調・声のトーンも女の子に与える印象に大きく影響する部分です。
声の様子一つを取ってもどのような男なのか?といったイメージの判断材料になるので、イメージダウンになるようなことは避けるべきです。
まず注意すべき点として

・声が小さくなりすぎないようにすること
・大声になりすぎないこと
・早口になりすぎないこと

この3点が挙げられます。

初心者の人は、周りが気になったり声掛けの緊張で声が小さくなりがちですが、声が小さいと
それだけで自信の無い男という印象を与えてしまいます。
また声が小さ過ぎると話の内容が聞こえにくいので、女の子が無視をするつもりが無くても無視をされてしまう場合があります。
声の大きさはナンパをしていて相手に確実に聞こえる大きさは最低限必要になります。

逆に声が大き過ぎる人の場合、自信のある印象や元気・アクティブな印象を与えることは出来ますが、空気や雰囲気を読めない無神経な男と思われてしまう危険があります。
しかし、声が小さいという場合ほどマイナスにはなりません。
声が大き過ぎると度々言われるようであれば、状況に応じて声を小さくする意識を持って下さい。
声が小さいよりは大きいに越したことはありませんが、あまりに声が大きいと周りにナンパをされていることがわかってしまうので、女の子が心理的に引いてしまうことがあります。

また初心者に多く見受けられる点が早口になっている場合です。
声掛けの緊張や、短い時間内で沢山のことを話そうとする焦りから、早口になっている人がいます。
早口は心理的に焦っていることが女の子にすぐにわかるので印象が良くありません。
精神的に余裕が無いのがすぐにバレてしまいます。

ここでマシンガントークというスタイルと早口の違いを解説します。
マシンがんトーク=早口というイメージを持つ人もいると思いますが、マシンガントークと早口は全く違うものです。
マシンガントークとは、一方的にガンガン話すことによって、女の子に考える余裕を与えずに自分のペースに乗せてしまう方法です。
内容の大半はいつも使い慣れているようなトークであるケースが多く、ネタあり笑いあり質問ありなど戦略的な面があります。

またマシンガントークは女の子を自分のペースに引き込むまでに使うトークなので、ある程度和みが進んだら普通のペースの会話に戻ります。
ナンパの最初から最後までマシンガントーク(早口)というわけではありません。
マシンガントークとは女の子を一時的に丸め込む一つのテクニックです。

戦略的な部分でマシンガントークを取り入れることは否定しませんが、単に緊張で早口になっている場合はイメージダウンになるので注意して下さい。
早口で何を言っているのかわからない場合は、女の子の警戒心を高めてしまうことにもなります。

何を言っているかわからないと、そのナンパ師は女の子にナンパではなく宗教の勧誘に思われているかもしれません。
宗教ならまだしも、怪しい勧誘ではないか?と思われている可能性もあります。
普通のコミュニケーションが取れない相手では女の子は必ず引いてしまいます。

次に解説する口調・声のトーンを意識して調節する前に、声が小さくなる・声が大きくなり過ぎる・早口になるといった癖のある人は、それをしっかりと改善する必要があります。

口調・声のトーンに関して、一般的な挨拶で声掛けにも使うことが出来る「こんにちは」を例に取って解説していきます。
同じ「こんにちは」という声掛けでも、口調や声のトーンを変えることによって表現の幅にかなり変化が出てきます。
またこの表現の違いが女の子に与える印象を大きく変えることになります。

<口調や声のトーンの違いによる表現方法>
・声掛けの言葉「こんにちは」

「こんにちは」という声掛けは、言葉や挨拶の意味としては一つでも、表現(声のトーン)の違いによって多くの変化が出てきます。

「こんにちは(→)」
と普通に声を掛けた場合をニュートラルの状態とするなら
「こんちは!(↑)」
「こんちはっす(↑)」
「こんにちは~(↑)」
「こんちゃ!(↑)」
と口調をフランクにして、声のトーンを上げた(↑)感じのパターンもあります。

次に「どうも」を前に置いてみた場合は
「どうも、こんにちは(→)」
フランクに声を掛けた場合よりも落ち着いた印象になるので、同じ声掛けでも誠実性を出した感じになります。

逆に同じ「どうも」でも
「どもっ、こんにちは」
と崩した場合は、誠実さや落ち着いた印象は弱くなります。

また
「こんにちはぁ(↓)」
といった感じで小さい声でトーンも低く抑揚の無い感じで声掛けをすれば、相手の女の子に与えるイメージは、暗い人・怪しい人とマイナスの印象を与えることになります。

同じ「こんにちは」という声掛けであったとしても、女の子に与える印象は大きく変わってきます。
どれくらいの声の大きさで、そしてどのような口調やトーンで表現するかという点、更にその時の表情や姿勢をどのように加えるかという点が、その違いを生み出します。
同じ声掛けの言葉であっても、その表現の仕方の内容が非常に重要になってきます。
同じ声掛けの言葉であってもその表現の内容を変えることによって、女の子の抱く第一印象やイメージを操作することが可能です。

この声掛けの口調やトーンを工夫する点は、そのナンパ師の性格や年齢、外見・キャラクター、女の子のターゲットの種類、そういった総合的なものを考慮しなくてはなりません。
また表情・姿勢なども加えるとより効果を発揮します。

どのような口調・トーン、表情、姿勢が、成功率をより高めるかという点はブログ上で解説するには限界がありますが、何とか雰囲気だけでも掴んでもらえれば幸いです。

ライブチャットで女慣れする