成功率抜群!笑わせる・いじる声掛け方法とは?

警戒心を解くには笑いが非常に有効です。
第一声で女の子を笑わせることが出来れば、女の子に起きる警戒心や心の壁を最小限に押さえることが出来ます。

スカウトやキャッチが沢山いるような街や、そういった街でスカウトやキャッチに声を掛けられて不快な思いをしたことがある女の子は、誰かが近付いて声を掛けようといているのに気が付いた時に、既に警戒心や心の壁を作っています。
そして、声を掛けられた時、その警戒心や心の壁は大きくなります。

スカウトやキャッチに声を掛けられた経験がほとんど無い女の子でも、街中でいきなり男に声を掛けられたら多少なりとも警戒心や心の壁は出来るでしょう。
そういった警戒心や心の壁が起こる隙を与えずに、声を掛けた最初の言葉で笑いを取ることが出来れば、そのまま自然にトークに入っていくことが出来ます。

第一声で笑いを取る場合は、お笑い的ネタで笑わせるケースだけでなく、
軽いボケや軽い突っ込み・女の子をいじる等の様々なアプローチがあります。
これらは内容だけでなく、その一声を言うナンパ師の内面・外面の両キャラクターが、その第一声の内容とマッチしているかどうかもポイントになります。

またその時の流行ネタや流行語を使用すれば必ず笑いが取れるわけでもありません。
加えて相手の女の子の種類、ターゲットの系統や年齢なども関係してくる非常にシビアな部分です。
第一声から笑いを取っていくパターンは、ナンパ師のキャラクターを含む点で難しい面もあります。
しかし、普通の口調・トーンでちょっとしたことを言うだけでも、そのネタ次第では女の子を笑わせることが出来ます。

女の子を笑わせる・女の子の笑顔を作るというのはナンパにおいて非常にプラスになります。
これまでトークにスムーズに誘導する声掛けテクニックのポイントや具体例を色々挙げてきましたが、それら全てにおいて、出来るだけ笑いを散りばめるという意識を持ってナンパして下さい。
お笑い的な笑いではなくても構いません。
楽しいという女の子の笑顔でもOKです。
声掛けの言葉、トーク全てにそういった要素を入れるということを常に意識することで、より密度の濃い声掛け、トークを作り上げていきましょう。

(例)お笑い的ボケの声掛け
「すいません、幸せになれる壺を売っているんですけど…」

これは過去に一部のナンパ師の間で流行っていた声掛けです。
これは、見た目が宗教とは縁遠い感じであることが大前提になります。
今時のお洒落な感じの見た目とのギャップで笑いを取ります。
本当に売り付けてきそうで怪しいと思われたら成立しません。

(例)女の子をいじる声掛け
「ちょっと! 眉毛どっかに落としてきてるよ!(笑)」

これは、眉毛のメイクが取れて眉毛が薄くなっている女の子や、素っぴんにサングラスをかけて歩いているような女の子への声掛けネタです。
空気を読んで上手くいじらないと女の子の機嫌を悪くしてしまって、その後のトークに繋がらなくなってしまうので、気を付けなければいけません。

どんな女の子でも高い確率で笑わせることが出来るような第一声、また、特定の女の子・特定の状況であったとしても、そのような場合に高い確率で笑わせることが出来るような第一声というものを身に付けることが出来ると大きな武器になります。
第一声は常に工夫する意識を持ってナンパして下さい。

ただ、お笑い的な笑いを取る声掛けの場合、逆に相手の女の子の気分やターゲットの種類、年齢などの問題で、全く相手にされないか、関係の無い人間にまで失笑される可能性もあります。
成功すれば効果的な分、失敗すればそれと同等かそれ以上のマイナスが返ってくることを認識して実行するようにして下さい。

その点、女の子をいじって笑いにする声掛けは、そこまで寒い空気になることはありません。
「悪口」ではなく「突っ込み」と女の子が認識するようにいじるようにすれば、気分を害されることは少ないでしょう。

ライブチャットで女慣れする