羞恥心による地蔵克服法とは?

まず地蔵の大きな原因の1つとして、羞恥心があります。

女の子をナンパするのを周りの人達に見られるのが恥ずかしい
ナンパしているのを見られて笑われるんじゃないか
失敗するのを見られるとは恥ずかしい

といった羞恥心は大きなブレーキになります。
誰も恥ずかしい行為はしたくないものです。

この羞恥心は、ストリートナンパを始める誰もが持つものですが、ある程度経験を積んでいるナンパ師はこの羞恥心が消えてしまいます。
街で女の子に声を掛ける行為が全く恥ずかしい行為ではなくなるのです。
ストリートナンパを続けていると、周りの人達は街で女の子に声を掛けている男のことなんてほとんど気にしていないことに気付きます。
そういった男に注目するのはナンパに興味のある男だけで、
声を掛けることが出来る男のことを羨ましく見ているだけと考えて下さい。

他の人達にとって街中でナンパ師が女の子に声を掛けているのと、スカウトやキャッチが女の子に声を掛けているのと区別なんてつきません。
街中でスカウトやキャッチが女の子に声を掛けている姿なんてありふれた景色に過ぎないので、いちいち注目なんてしないのです。

周りの人達は声掛けをしている男なんて注目しないという事実をしっかりと理解し、更に羞恥心をなくす為に、声を掛ける時には形式的に「自分はスカウトの仕事として声を掛けているだけだ」という暗示をかけて、女の子の反応が悪かったとしても、周りの目には「スカウトやキャッチが失敗しただけとしか映らない」というように、自分に都合の良いように解釈してみましょう。

また、周りの人達の目が少ない人通りのあまり無い所で声掛けをするのも1つの手です。
そして、ナンパをしても恥ずかしくないと自分で思えるように、ルックスに最大限の努力をしてからナンパを始めましょう。

ストリートナンパで成功するようになり、女の子とセックス出来るようになると、その成功の旨味の前では羞恥心なんて小さなものにしか過ぎなくなります。
失敗する所を見られたとしても、

「今のはたまたま失敗だったけど、他では成功して美味しい思いをしている」
「今俺の失敗を見た男なんて、ナンパで美味しい思いを出来ないかわいそうな男だ」

と、逆にナンパをしていることに誇りを持っても良いでしょう。
声掛けを出来ない男がほとんどであるという現実の中で、声掛をすることが出来、セックスをすることが出来る男は、特権階級とも言えるくらい美味しい状況にいるのです。

ライブチャットで女慣れする