女の子とはどういった生き物なのか?

ナンパで成果を挙げようと思ったら、女の子を理解しなければなりません。
女の子は男とは全く別の生き物です。

同じ生き物だと思って理解しようとしても理解出来ませんので、別の生き物だという前提に立ち、どういう性質の生き物であるかという本質を理解し、その性質が具体的にどのように表に現れ、男とどういった違いがあり、どのように対応していかなければならないのかを知らなければなりません。

初めは素の自分と愛称の良い女の子をしっかりゲットしていくだけでも良いですが、レベルが上がるにつれ、様々なタイプの女の子に対応出来る能力を身に付けるべきです。

(1)人の行動決定の仕組み

人はどのようにして行動を決定するのか?

この本質を知ることは、女の子の行動決定の仕組みを知る上で必要なことです。
人には生まれた時に既に決定されている性質と生まれた後の環境の違いによって左右されて作り上げられる性質があり、この2つによってその人の行動を決定する仕組みが作り上げられ、それぞれの人の性格や性質の違いが出てきます。

前者の生まれながらの性質の違いとは、
性別による違い、理性本能バランスによる違い、血液型による違い、能力の違いの4つの違いがあります。
そして後者の生まれた後の環境の違いとは、
両親の育て方、兄弟構成、友人関係、恋愛関係など、周囲の人間との関わりなどです。

人それぞれの行動を作り上げる性質・性格はこれらの様々な違いによって作り上げられるもので、1つだけの違いによって決定されるものではありません。
その為、女だからこのように行動する、B型だからこのように行動する、と画一的に判断してしまうと正確な判断は出来ません。
それぞれ行動を決定付ける要素の一つという認識で、全ての要素を考慮した上で、こちらのどのようなアプローチに対してどのような言動をしていくのかということを見極めていきましょう。

(2)性別による性質の違い

女の子と男では生まれながらにして違う性質を持っています。
このため、同じ人間でありながら根本的に性質が異なってきます。
この違いは、オスとメスの違いです。
人類は遺伝子を残していく為に数万年もの間オスとメスに分かれ役割分担をしてきました。
その役割が異なっていた為に本能的なレベルにおける性質も異なっています。

論理よりも感覚・感情が優先される

オスは群れにおいて狩りをし、群れを率いて群れの存続の為に最適な行動を取る必要があった為、論理的に考え、判断し、行動する能力を求められてきました。

一方メスは群れの中での集団行動における協調性を求められ、
子育てという役割を求められてきました。
その為論理的な行動よりも、感覚的・感情的な行動を必要とされてきた為、オスと比べて論理よりも感覚・感情が優先されます。

その為、ナンパや恋愛で女の子を相手にする時には、
女の子を論理によって落とすのではなく、感覚的なもの、感情的なものによって落とすという意識が必要となってきます。
女の子は論理的判断によって、男に惚れたり男とセックスしたりする要素よりも、感覚的判断・感情的判断によって男に惚れたり男とセックスしたりする要素の方が強くなります。
女の子がムードに弱いのも、こういった性質の違いからきています。
女の子にアピールしたり口説いたりする時は、理屈や論理よりも、もっと感覚的・感情的なものを優先しましょう。

また、女の子は恋愛以外における行動面でも、理屈や論理よりも、感覚的・感情的なものが優先されたり男よりも敏感であったりする傾向が強くなります。

感覚的・感情的なものが論理や理屈よりも優先される具体例

<飲食店を選ぶ場合>
男:安くて美味しい店
女:お洒落で雰囲気の良い店

男を選ぶ際も、雰囲気といった無意識的・感覚的に感じ取る要素を重視します。
雰囲気などは人の内面がにじみ出るものですが、女の子は男よりもそれを敏感に感じ取ります。

女の子を口説き落とす為には、トークにおける単なる言葉という要素以外の、プラスアルファの部分、周りの雰囲気やムード、自分自身で作り上げる雰囲気やムードを重視しなければいけません。

また、トークの内容も理路整然とした論理的な話より、人間味のある内容、女の子の感情面にアプローチ出来る内容で、表情・口調・身振り手振りなどによってそれを強化し、女の子のトークを聞く際にはリアクションを大きく取り、感情表現を豊かにし、感情移入するといったことも重要になってきます。

<会話の意味>
男:目的や意味のある会話
女:会話自体が目的

女の子は「共感」「一体感」「連帯感」といったことによって、男よりも強く快感を得ることが出来るので、そういった側面からもアプローチしなければなりません。

ナンパや口説きにおいて女の子にアプローチする場合、女の子が共感出来るような点を増やしたり強調したり、一体感・連帯感を感じさせたり、女の子に「私のことを理解してくれている」と思わせたりすることも重要になってきます。

<感覚的なものを敏感に感じ取る女>
女の子は、感覚的な面を重視すると共に、感覚的なものを敏感に感じ取るように出来ています。
その為、男の内面を感じ取る能力も高く、男が気付いていなくても、男の内面が表に出ているのを敏感に感じ取り、それによって男を無意識的に判断します。

声を掛けたり女の子にアプローチをしたりしている時に、
いけないことをしているといった罪悪感を男が持っていれば、女の子は悪いことをされていると感じ取り、拒否しようという意識が出てきたり、男に不安感や自信の無さが内面にあれば、それを感じ取り、そういった男を魅力が無い男だと無意識的に感じ取ります。

ライブチャットで女慣れする


2018年1月30日 女の子とはどういった生き物なのか? はコメントを受け付けていません。 初級レベル