四季ごとのナンパへの影響と傾向とは?

季節によってナンパにも幾分影響があります。
それほど大きく結果に影響するものは少ないですが、知っておいて損はありませんので解説します。

(1)春

春の3月~5月くらいまでは、一年で一番人の出入りが激しい季節です。
特に東京などの大都市では、入学や就職で多くの地方出身者の女の子が上京してきます。
そういった女の子達は地元ではナンパされる機会も少なく、ナンパに対するガードがかなり緩くなっています。
時間が経つにつれ徐々に都会に慣れていき、ナンパにも慣れていくので反応も悪くなっていきます。
免疫が無いこの時期限定でおいしい物件であると言えます。

個人的には季節で大きく影響するのはこの時期だけだと思います。
気候も良いのでナンパもしやすく、大好きな季節です。(笑)

(2)夏

一般的に夏はナンパの季節と言われています。
女の子の服装も露出が高く、テンションが上がる季節です。
事実、学生などは長い夏休みがあり時間があるので、日常的にナンパをしているような男でなくてもこの季節だけはナンパしたりします。
その為競争率が高くなります。
競争率が高い割に女の子の反応が劇的に良くなるワケでは無いので、意外とおいしくない季節だったりします。
外の気温も高く、長くナンパをしていると熱中症にかかったりするので注意しましょう。

(3)秋

夏の異常な競争率の高さが無くなり、気候も良いのでナンパに向いている季節と言えます。
学園祭などがあるのもこの季節です。
そしてクリスマスが近くなると、クリスマスを一人で過ごしたくないと考える女の子達が安売りを始める時期でもあります。

(4)冬

冬は一年で一番女の子の反応が悪い季節になります。
外の気温も低い為、大した目的もなくうろうろする女の子も激減します。
ナンパ師の立場からしても外でナンパをするのは厳しい季節です。
一日中外でナンパするのは厳しいので、駅構内や地下街などでナンパするのが良いでしょう。
寒さによるモチベーションの低下が冬のナンパの成果を最も左右しますので、使い捨てカイロを使うなどしてモチベーションの維持を図りましょう。
成功率自体は大きく変わってくるわけではありませんので、しっかりと活動すればちゃんと結果はついてきます。

(5)ゴールデンウィーク

帰省や旅行などで都市部では人が減りがちです。
ただし女の子の反応が悪くなるわけではありませんので、普通の土日と同じ感覚でナンパすれば良いでしょう。
連休で休みが多いので、アポが取りやすい時期になります。

(6)お盆

ゴールデンウィークと同様に、都市部では人が少なくなります。
しかし、渋谷や新宿などの大きな街には女の子がいますので、特に問題無いでしょう。
あなたの活動する街で女の子が全くいないような状況でしたら、きっぱりと諦めて下さい。(笑)

(7)クリスマス

クリスマスにナンパをしているということは彼女がいない。
この部分をアピールするという意味では効果的な時期です。
ただし、まともな女の子は予定がある子がほとんどですので、一人歩きで暇を持て余しているという子は少ないでしょう。
同じようにクリスマスを一人で過ごしている子に巡り会えれば結果を残しやすいとは思いますが、
クリスマスに無理にナンパせず、クリスマスを一人で過ごさないで済むように日々ナンパに励みましょう!

(8)大晦日

大晦日はカウントダウンイベントなどに沢山の女の子が集まり、一種のお祭り状態になります。
クラブなどにも大勢の女の子が訪れ、反応もかなり良いです。
ただし連れ出し先はどこも満室でかなり待たされます。
直接自宅に連れ込むか、番号ゲットに精を出す日と割り切って活動すると良いでしょう。

(9)正月

街にいる女の子は基本的に初売りセールに訪れている子になります。
声掛けの第一声が「あけおめ」で済むので楽で良いです。(笑)
初詣で賑わう場所などにも多くの女の子がいますが、一人の子は少ないのでナンパ仲間と一緒に行くと良いでしょう。

ライブチャットで女慣れする