天気によるナンパへの影響とは?

晴れの日と雨の日ではナンパする際に違いがありますので解説します。
曇りの日は若干女の子のテンションが下がりますが、
雨が降っていないのでそれほど影響はないです。

ほとんどの女の子は雨を嫌います。
化粧が落ちる、セットが上手くいかない、服が汚れる、荷物が増えるなど、男以上に見た目を気にする女の子にとって雨は天敵です。
テンションの下がった女の子は、晴れの日に比べてナンパに対しても良い反応をしなくなります。

また、雨の日は晴れの日に比べて街にいる女の子の量が激減します。
特にこれといった目的も無くふらついている女の子が減り、街にいるのは何かしら用事のある子ばかりになります。
雨の日に街をふらつくよりも、家でまったりしている方が良いと考えるのは当然です。

そして当然ですが雨の日は傘をさしている女の子ばかりです。
この場合、並行トークをしようとしても傘が邪魔になって上手くいきません。
相手の傘に入れてもらってトークするか、足止めしてトークするなど工夫する必要があります。

しかし、最も効果的に雨の日にナンパしようと思ったら、駅の構内や地下街など、屋外ではなく屋内でナンパするのが良いでしょう。

ライブチャットで女慣れする