ナンパに向いている時間帯とは?

ナンパをするのに適した時間帯とはいつなのか?
時間帯別に女の子の数や傾向が変わってきますので解説します。

(1)午前中(7時~12時)

最も即に向いていない時間帯であると言えます。
即どころかナンパ自体相当厳しい時間になるでしょう。
即が出来るとすればホスト帰りの女の子ぐらいでしょうが、
あまり質の高い女の子は期待出来ません。
想像してもらえばわかると思いますが、反応も非常に悪いです。
たまたま良い感じの女の子が歩いていた時に声を掛けるぐらいの心構えで良いと思います。

(2)午後(12時~17時)

平日の午後は仕事中のOLや学生などがメインになります。
仕事中のOLを連れ出すのは厳しいでしょうが、学生であれば十分ナンパ出来ます。
カラオケや漫画喫茶の料金も土日に比べて安いので、リーズナブルにナンパ出来ます。
また、一人歩きの率も高いので、個人的には割と好きな時間帯ではあります。

土日の午後はターゲットも多く、ナンパに向いている時間帯になります。
二人組の女の子の率が高くなりますので、
ナンパ仲間と一緒にやると効率良くナンパ出来るでしょう。

(3)夜(17時~1時)

街に一番女の子が多い時間帯になります。
そして女の子が一番「遊ぶ」という意識が強い時間帯でもあります。
ただし、夕方から21時ぐらいまでは、飲み会などの予定がある女の子も多いので、気に入られていたとしても予定がある為連れ出せないということも起こりやすい時間帯でもあります。
21時を過ぎると飲み会なども一段落し、帰宅モードになる女の子も多いです。
土曜日などであれば次の日も休みの為、
連れ出してオールで遊んだりすると即の確率が高くなります。

そして夜は昼間には使えなかった居酒屋などに連れ出せるのが大きいです。
男と酒を飲むということは、飲む量に関わらず相手の男とのセックスを意識した行為です。
一緒に酒を飲んだという既成事実が出来れば、その後の展開が楽になります。

そして更に重要なのが
「楽しくて終電の時間に気付かなかったから、仕方なくホテルに行った」
などと、女の子に言い訳を与えやすい時間帯でもあります。
女の子という生き物は「本音」と「建前」を使い分ける生き物です。
正論が嫌いな生き物です。
自分が悪者になるのを決定的に嫌います。
自分を常に正しい立場に身を置きたがります。
話が逸れましたが、最も様々な種類の女の子をナンパ出来る時間帯になります。

(4)深夜(1時~4時)

終電が終わって1時間ぐらいは終電を逃し朝まで遊ぼうとしている女の子がうろついています。
この時間にいる女の子は特に用事も無く、
遊ぶという意識が強いので連れ出しの難易度が下がります。
酒に酔った女の子も多いので、即をするにはもってこいの時間帯になります。

ただし、この1時間を逃すと始発までの2時間強は街に女の子が一番少ない時間帯になります。

(5)早朝(4時~7時)

早朝は1日の中で最も偏ったジャンルの女の子で占められる時間帯になります。
仕事を終えたキャバクラ嬢や風俗嬢の女の子達です。
週末であればこれに飲み帰りやクラブ帰りの女の子達が加わります。

出勤前はガンシカだった女の子達でも、この時間帯なら話してくれたりもします。
こういった女の子達が得意になれば、非常においしい時間帯と言えます。
普通の人からするとキャバクラ嬢などは最も難易度が高いジャンルの女の子になるので、是非攻略の目標として欲しいジャンルの女の子になります。

ライブチャットで女慣れする