ナンパにおけるゲット方法の種類とその特徴とは?

ナンパにおけるゲットの方法は、アポ型即型の2種類に分けられます。

(1 )アポ型

ナンパして声掛けした子とLINE交換などをして、後日遊んでゲットするスタイル。
1回目のアポでゲットすることを準即、2回目のアポでゲットすることを準々即と言います。

(2)即型

ナンパで声掛けした子とそのまま遊びに行き、その日の内にゲットするスタイル。
上級者になっていくと即の比率が高くなっていきます。

(3)総括

アポ型と即型にはそれぞれ一長一短あります。
それぞれ解説を加えていきます。

女の子の食いつき
アポ型>即型

女の子の食いつきという意味では即型よりアポ型の方が高い場合が多いです。
何故なら、アポ型の場合、即型の時には発生しない労力が女の子に発生するからです。
それは電話やメールに応じて返信する手間、アポの日程に合わせて予定を空け、アポの場所まで移動する手間などです。
それを乗り越えてアポに来るということは、一定以上の興味をあなたに対して持っているという証拠でもあります。
※ただし、奢らせ目的や、美人局など特殊なケースは除きます。

逆に即型の場合は、その日たまたま時間があったから遊んだけど、後日アポるほどではないということがありえます。
こういった側面から、アポ型の方が即型に比べて女の子の食いつきは良い傾向にあります。

質の高さ
アポ型>即型

質の高さという点においては、即型よりアポ型の方が高くなる傾向があります。
理由は、即型の場合その日遊べる女の子のみがターゲットになりますが、アポ型の場合はその日は無理でも後日遊べる女の子もターゲットにすることが出来るので、より幅広い女の子をターゲットとすることが出来るからです。

ゲットのしやすさ
アポ型≧即型

前述の通り、食いつき自体はアポ型の方が高めになることが多いです。
その為、ゲットのしやすさという点においてもアポ型の方が難易度が低くなる場合が多いです。
会ったその日にセックスするのは抵抗があるという女の子の場合も、連絡を取り合っていく内に抵抗感が薄くなる場合もあります。
ただしアポ型の場合は、
女の子に冷静に考える時間を与えてしまい、その間に友達などから横槍が入ることもあります。
即型の場合は女の子に声を掛けてそのまま遊びに行くわけですから、そういった横槍が入ることもありません。

アポ型の場合は食いつきが良い反面、遊びでのセックスではなく、恋愛としてのセックスと捉えるなど、女の子の気持ちが重くなる傾向があります。
ゲットまでの手間や女の子の気持ちの重さを考えた場合、数をこなしていく上では即型の比重を高くしていく必要があります。

結論
ナンパした女の子を連れ出せる状況にあるなら全力で連れ出せるように努力し、ゲット出来るのであればゲットする。
即型、アポ型の枠に捉われず、両方のスタイルを状況に応じて使い分ける。
上級ナンパ師になれば、即型でも質の高い女の子をゲット出来るようになります。

ライブチャットで女慣れする