ソロナンパ・コンビナンパ・逆3ナンパの特徴とは?

ナンパをする際に、何人の女の子を相手に何人の男で声を掛けるかという問題があります。
ここでは最もポピュラーな3つのパターンをご紹介します。

(1)ソロ

ソロナンパは一人で一人の女の子をナンパする、ナンパの基本となるスタイルで、女の子をゲットするのに最も効率の良いスタイルになります。
また、ソロナンパを完全に身に付けるとナンパ仲間がいない時でもナンパをすることが出来るようになります。
これを完全ソロ(完ソロ)と言います。

完ソロが出来るようになるとナンパが生活の一部になり、
いつでもどこでも時と場所を選ばずにナンパ出来る為、日常生活全てが出会いと密接な関係にあるような生活を送ることが出来るようになります。
このブログを読んでナンパを始めようとしている人には是非この
「完ソロが出来るようになる」ことを目標の一つに掲げて欲しいと思います。

(2)コンビ

ナンパ仲間と2人で2 人の女の子に声を掛けるのがコンビナンパです。
2人の女の子を相手にする為、一人の女の子がOKでも、もう一人がグダった場合は上手くいかないのが欠点です。
また、相方のナンパ仲間の実力にも影響されますし、二人の呼吸も重要になってきます。

攻略方法としては、4人でグループトークをして親近感を高めていく場合と、男と女1人ずつでトークしてそれぞれ担当の女の子を攻略していく場合の二通りがあります。
グループトークの場合は相方の実力が高く、コンビの息が合っていればソロの時には出来ないほど場を盛り上げることが出来ます。
コンビナンパでも男女一人ずつでトークする場合は、ソロの時とあまり変わりない状況で女の子を口説くことが出来ます。

それぞれ一長一短ありますが、初心者の内は実力の高いナンパ師の人と組んでもらうことにより、色々吸収出来ることがあるのでオススメです。
また、ソロで地蔵気味の人はコンビナンパで場数を踏んで馴れていくのも一つの手です。

(3)逆3

逆3とは、男一人で二人の女の子を相手にナンパすることを言います。

一人で二人の女の子を同時に相手にしなくてはならないので難易度が高く、初心者は無理に挑戦する必要はありません。
ソロやコンビで安定して女の子をゲット出来るようになってから挑戦すれば十分です。
逆3でのゲット率は上級ナンパ師でもそれほど高くないのが実情です。

ライブチャットで女慣れする